バイアグラ 通販

バイアグラを病院以外で手に入れる方法

バイアグラは病院処方薬ですが、個人輸入を利用すれば
ネット通販並に簡単に手に入れることができます。
インターネットを使って海外からバイアグラを輸入すればよいのです。

 

 

でも、インターネットで個人輸入する方法なのですが、
これを一人でやろうとすると大変です。
「ちゃんと注文できて、ちゃんと届くのか」とても不安ですよね?

 

 

外国の業者とのやりとりになりますので、
外国語を理解できなければ、取引すら出来ません。
海外から仕入れるときに、万が一トラブルが起きたら
自分で対処しなければなりませんので、外国語を
マスターしていることは必須となります。
たとえ外国語を知っていたとしても、
個人輸入の経験がなければ、かなりハードルが高いと
いえるでしょう。

 

 

でも、そんな方のために、個人輸入を代行してくれる業者があります。
海外の販売先から仕入れ、注文者の自宅に届けるまで
全て「代行」してくれるのです。
注文から購入までの一連の手続きは、ふつうのネットショッピングと
何も変わりません。

 

 

それでも、「なんとなく違法ではないか?」
と心配になる人もいるでしょう。
しかし、厚生労働省の規定する薬事法から外れなければ
何の問題もないのです。

 

 

個人輸入での注意点

個人輸入で規定されている注意点は以下になります。

それは個人で使用すること

他人に譲ったり売買する目的で輸入するのは禁止されています。

購入する分量は、1ヶ月分まで

30日分の30錠が限度(バイアグラの服用量は1日1錠)です。
それ以上は個人利用とはみなされないのです。

 

 

なんどもED治療のために病院や薬局に足をはこぶのは大変ですね。
もちろん、毎回通院して処方せんを出してもらうのが大原則です。
でも、何度もバイアグラを飲んでいるのであれば、海外輸入してみるのも一案です。
単に価格だけを比較して代行会社を決めるのではなく、
サポート体制の整った人気のあるところがいいでしょう。